【オリンピック/バレーボール】国(地域)別女子バレーボール金銀銅メダル獲得数ランキング

金銀銅メダル オリンピック

オリンピック

4年に一度開催される世界的なスポーツの大会オリンピック

夏季と冬季で全く別な競技が行われています。

 

女子バレーボール

オリンピックには様々な競技があります。

それが一度に楽しめる大会というのも、魅力の一つでしょう。

夏季オリンピックに限定してもかなりの競技数となっていますが、その中の一つには女子バレーボールが存在。

日本でもプロリーグがあるように盛り上がりを見せているバレーボールは、オリンピックの正式種目でもあります。

1964年の東京オリンピックから正式種目として採用されているバレーボール。

これまで様々な国や地域がメダルを獲得してきました。

 

国(地域)別金銀銅メダル獲得数

オリンピックと言えば、成績が出た後に行われるメダルの授与なんてのも定番。

順位に応じてメダルの色も変わっており、1位は金メダル、2位は銀メダル、3位は銅メダル。

金銀銅メダル

どの競技にも共通しているところであり、女子バレーボールでも同じです。

団体競技となるので、チーム全員がもらえるという所が、個人競技とは違うところでしょうか。

今回は歴代オリンピックの国(地域)別女子バレーボール金銀銅メダル獲得数をランキング形式で、見ていきたいと思います。

どんな国が上位となっているでしょうか。



国(地域)別女子バレーボール金銀銅メダル獲得数ランキング

それではランキングです。

順位 国名 合計
1 ロシア 4 5 0 9
2 中国 3 1 2 6
2 日本 2 2 2 6
2 アメリカ 1 3 2 6
5 ブラジル 2 1 2 5
6 キューバ 3 0 1 4
7 セルビア 0 1 1 2
7 ポーランド 0 0 2 2
9 東ドイツ 0 1 0 1
9 ペルー 0 1 0 1
9 ブルガリア 0 0 1 1
9 韓国 0 0 1 1
9 北朝鮮 0 0 1 1

というランキングとなりました。

 

ランキング1位となったのはロシア

国(地域)別女子バレーボール金銀銅メダル獲得数ランキング1位となったのは、ロシア(ソ連時代含む)となりました。

メダル獲得数は全部で9個。

ちなみにロシアは男子でも1位となっており、バレーボールが強い国といったイメージがありそうです。

ランキング2位となったのは、中国、日本、アメリカ。

メダル獲得数はそれぞれ6個ずつ。

男子とはまた違ったランキングに。

日本は女子はトップ3に入っています。

 

歴代メダル獲得国

最後に歴代夏季オリンピック女子バレーボールメダル獲得国を見て終わろうと思います。

開催年 開催地 金メダル 銀メダル 銅メダル
1964年 東京 日本 ソ連 ポーランド
1968年 メキシコシティ ソ連 日本 ポーランド
1972年 ミュンヘン ソ連 日本 北朝鮮
1976年 モントリオール 日本 ソ連 韓国
1980年 モスクワ ソ連 東ドイツ ブルガリア
1984年 ロサンゼルス 中国 アメリカ 日本
1988年 ソウル ソ連 ペルー 中国
1992年 バルセロナ キューバ 独立国家共同体 アメリカ
1996年 アトランタ キューバ 中国 ブラジル
2000年 シドニー キューバ ロシア ブラジル
2004年 アテネ 中国 ロシア キューバ
2008年 北京 ブラジル アメリカ 中国
2012年 ロンドン ブラジル アメリカ 日本
2016年 リオデジャネイロ 中国 セルビア アメリカ
2020年 東京 アメリカ ブラジル セルビア

 

オリンピックバレーボールのランキング色々

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別男子バレーボール金メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別男子バレーボール銀メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別男子バレーボール銅メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別男子バレーボール金銀銅メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別女子バレーボール金メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別女子バレーボール銀メダル獲得数ランキング

・【オリンピック/バレーボール】国(地域)別女子バレーボール銅メダル獲得数ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました